交通事故の慰謝料交渉を保険会社とするならば弁護士に相談

交通事故は、ある日突然起こるものです。安全運転を心掛けていたとしても、環境によって引き起こしてしまうこともあれば、交通事故に巻き込まれて被害者になることも大いにあります。ほかの車両との交通事故に巻き込まれたのならば、損害を補うための慰謝料を払ってもらうための示談交渉を相手の保険会社とします。

その際に大いに役立つ弁護士の存在を紹介します。

交通事故の後には慰謝料を含めた示談交渉が始まる

交通事故の被害にあった場合、あるいは交通事故を起こしてしまった場合であっても、交通事故に遭遇した当事者間でどのような過失が双方にあったのかを相談し、双方が双方に対して慰謝料を含めた損害賠償金額をどれだけ支払うのかといった示談交渉を行わなければなりません。

交通事故に遭遇したのならば、様々な被害をこうむります。自家用車の破損もあれば、むち打ちや骨折、打撲などといった様々な怪我を負う可能性も高く、これらを交通事故に遭遇する前の状況に戻すためには、非常に大きな金銭的な負担にさいなまれるでしょう。

その負担をできるだけ軽減するためにも、示談交渉の末の慰謝料も含めた損害賠償金を受け取ることが重要です。

交渉はプロに任せるべき

慰謝料を含めた損害賠償金額を定める示談交渉は、基本的に交通事故を引き起こした、巻き込まれた当事者間で行われることは少ないです。おおよその場合は、交通事故を起こした人が加入していた保険会社や交通事故を引き起こした車両を保有していた人が加入していた保険会社の専門スタッフが交渉に当たります。

このスタッフは、保険会社の職員ではありますが、示談交渉を何度も行ってきた経験を持ち、交渉を有利に進めるための技術も豊富に持っているものです。話術は巧みで、穏やかな物腰で対応することも多く、交通事故の示談交渉についての知識がなければ、気が付いたならば交渉に応じていたといったことにもなりかねません。

また、相手方の保険会社のスタッフであるので、被害者に対して不当な扱いをするということはなかったとしても、必要以上に被害者の味方をすることもありません。できる限り保険会社の損となる行動をしないために、支払うべき慰謝料を低くするべく交渉をしていきます。

この状況を放置すると、怪我の治療などに必要となる適切な慰謝料の金額を受け取ることができません。そのため、示談交渉をする際には、自分で交渉をするのではなく、弁護士などといった交渉のプロに依頼することが重要となります。

保険会社では十分でないことも

交通事故の示談交渉は、慰謝料の金額がどれだけ支払われるかといった問題が決まるので、非常に重要です。この交渉を代行してもらえるプロの選択肢としては、弁護士か自分が加入している任意保険の保険会社の制度を利用するというものがあげられます。

任意保険の保険会社には、示談代行制度というものがあり、示談交渉を被保険者に代行して進めてくれる制度が存在しています。しかし、この制度は弁護士に示談交渉の代行を依頼するほど万能ではありません。保険会社の示談代行制度では、被保険者側にまったく過失がなく、保険を活用する状況にない場合には使用することができません。

そのため、完全なる被害者の場合、利用することができず弁護士に依頼することになるでしょう。また、保険会社の示談交渉代行制度を活用すると、交渉内容に納得できないこともあり得ます。示談交渉代行制度では、交渉の結果として慰謝料を多く支払ってもらえるように交渉するよりも、示談交渉自体を速やかに終わらせるということを意識して行われる傾向です。

そのため、過失割合の話し合いなどに際し、被保険者が納得できないような結果で交渉が終わってしまう可能性もあります。これらの問題に悩まされないためには、保険会社の制度だけでは不十分で、弁護士に相談することが必要といえるでしょう。

弁護士に相談するメリット

示談交渉を弁護士に依頼することには、様々なメリットがあります。ひとつは、もちろん交渉のプロであるということです。交通事故に関して詳しい知識と法律に関する専門知識を持っており、自分で交渉するよりも有利に交渉を進めてもらうことができるということは確かといえるでしょう。

弁護士に相談するということは、専門家の意見を常に聞くことができるという安心感があるという点が大きなメリットとなります。また、様々な手続きを代わりに行ってくれるという点もメリットです。示談交渉には、様々な書類手続きがあり、専門的な知識がなければ難しいこともあります。

また、怪我の治療が終わった後、交通事故によって後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害の認定の手続きなども被害者本人がしなければなりません。治療に専念したいときやあわただしい時にこのような手続きは煩雑ですが、弁護士に依頼したのならばこれらも代行してもらえます。

ほかの煩雑なことにとらわれず治療に専念することができるといった点もメリットです。このほか、受け取ることができる慰謝料の金額が上がる可能性があるという点もメリットです。示談交渉の際には、受け取ることができる慰謝料に三つの基準があります。

一つ目の指標が自賠責保険による基準金額であり、二つ目が任意保険による基準金額です。そして三つ目が弁護士基準による金額です。これらの基準では、自賠責、任意保険、弁護士といった順に金額が上がる傾向にあります。

相手方の保険会社のスタッフは、できるだけ支払う慰謝料の金額を下げるために自賠責や任意保険の基準でとどめようとしてきますが、弁護士に依頼したのならば様々な判例をもとにして弁護士基準での交渉をしてくれます。

受け取る慰謝料の金額をあげるためにも弁護士に相談するとよいでしょう。

弁護士に相談するタイミング

交通事故に遭遇した場合、慰謝料に関する示談交渉も含めて考えるのならば、いち早く弁護士に相談するべきであるという意見があります。この意見はある意味正しく、弁護士という専門家がいち早く間に入ることによって、様々な手続きや交渉がスムーズになるので、普段から懇意にしている弁護士がいるのならば、できるだけ早い段階で弁護士に相談することが良いことは確かです。

交通事故が起きた直後に弁護士に連絡すれば、警察の実況見分などの間も弁護士が付き添って、不利にならないようにアドバイスをしてくれます。不用意な発言をして後の交渉に悪影響を与えることを少なくしてくれるのでメリットがあります。

交通事故の一時的な処理が終わり、病院などで治療をしている途中に弁護士に相談することもあるでしょう。治療中に相談すると、相手方の保険会社から治療費の打ち切りや病院側からの症状固定といった判断について相談することが可能です。

自分が納得できる治療をすることができるという点でメリットがあります。交通事故による症状が重ければ重いほど、慰謝料は高くなるので治療中であっても弁護士に相談するとよいとされています。傷が癒えてきたり、治療が終わった後に示談交渉に入りますが、その交渉内容に納得できないのならば、示談交渉中に弁護士に相談することも可能です。

病み上がりや完治しきっていない状況で自分で交渉するよりも、弁護士に依頼するほうが精神的にも肉体的にもメリットとなります。ただし、示談交渉中に依頼されると、弁護士は不利な状況の中で証拠を集めて交渉をしなければなりません。

できるだけ早い段階で弁護士に相談するほうが、より有利な交渉となることは確かです。

弁護士の選び方

示談交渉はいち早く弁護士に相談するほうが良いとされていますが、適当な弁護士に相談すればよいというものではありません。焦って弁護士を選んでしまうと、悪徳な弁護士につかまる可能性もあれば、交通事故案件に詳しくない弁護士に相談してしまい納得いかない結果となる可能性もあります。

そのため、交通事故に遭遇して焦っていたとしても、弁護士選びはしっかりと行わなければなりません。

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するのならば、交通事故解決実績の多い弁護士に依頼することが重要です。実績や経験があれば、それだけ交渉を有利に進めることができます。ホームページなどの実績数を参考にするほか、執筆本や公演内容などを把握してみるとわかりやすいです。

また、実際に弁護士に会って、相性が良いかどうかを確認します。気の合わない弁護士では、依頼しても不快感があり、交渉内容に納得できない可能性があります。

慰謝料交渉は弁護士に相談

交通事故に遭遇したのならば、おおよその場合事故の被害を補うための慰謝料を含めた損害賠償金額を決める示談交渉が行われます。素人では難しいので、安心感もある弁護士に依頼するべきです。弁護士を選ぶ際には、できるだけ早くそして信頼できる実績のある弁護士を選ぶとよいとされています。

弁護士選びを間違えず、納得のいく交渉を目指してください。

詳細《交通事故慰謝料相談