交通事故での慰謝料の基準について比較してみよう

交通事故に遭ってしまったときには被害者は加害者に損害賠償を請求することができます。その一つとして慰謝料がありますが、どのくらいの金額が妥当かについて基準があるのを知っているでしょうか。その基準も実は一つではないので、どんな基準になっているのかを比較してできるだけ大きな慰謝料を請求できるようになりましょう。

交通事故の慰謝料には三種類ある

交通事故の被害者はどんな被害に遭ってしまったかによって請求できる慰謝料の種類が違うということはまず理解しておく必要があります。交通事故の慰謝料は三種類に分けることが可能です。一つ目に挙げられるのが死亡慰謝料で、交通事故に遭ってしまった人がその事故が原因で亡くなった場合に請求できます。

交通事故に遭った直後にもともと持っていた持病が悪化してきて怪我の治療中に病気で亡くなったという場合には、怪我と病気の悪化の因果関係が説明できないと死亡慰謝料を請求することはできません。二つ目が後遺障害慰謝料と呼ばれるもので、交通事故によって後遺障害と認定される症状が残ってしまった場合に請求できる慰謝料です。

後遺症とは違い、後遺障害は医師によって診断書を書いてもらうことが必要になります。その診断において重視されるのが、治療をしたけれど改善できない症状があり、交通事故によってできたものであると医学的に示すことです。

症状に応じて後遺障害が等級分けされていて、その認定も受けることが慰謝料を請求するには必要になります。

三つ目に挙げられるのは入通院慰謝料です。交通事故で怪我を負ってしまったために病院に入院して治療を受けなければならなくなったり、通院してリハビリをする必要が生じたりしたときに請求できます。治療のために必要になった医療費は実費で請求できるのが原則で、慰謝料とはまた別枠になっています。

慰謝料はあくまで交通事故によって被った精神的な苦痛などに対する支払いだからです。入通院慰謝料の場合には本当なら病院に行く必要がなかったのに入院したり通院したりしなければならず、怪我によって不自由な生活を余儀なくされたことへの償いとして位置づけられます。

それぞれの慰謝料には三つの基準がある

交通事故の被害に遭ったときに請求できる死亡慰謝料、後遺障害慰謝料、入通院慰謝料はそれぞれいくらになるのか、どれが一番金額が大きいのかと気になる点がいくつも浮かんでくるかもしれません。

いくらになるかは同じ種類の慰謝料であってもどんな被害に遭ったかによって異なるのが普通で、死亡慰謝料であっても残された遺族との関係や家族の中での位置付けによって変わるのが一般的です。

後遺障害慰謝料なら等級がどのくらい高いか、つまり症状がどれだけ酷いかによって変わるのは容易に想像できるでしょう。入通院慰謝料についても入院や通院の期間が長いほど受ける苦痛も大きいことから金額が大きくなるのは明らかです。

慰謝料の金額を比較すると死亡慰謝料が高いのは確かですが、後遺障害慰謝料と入通院慰謝料についてはどちらが高いと一概に言うことはできません。また、場合によっては死亡慰謝料よりも他の慰謝料の方が高くなるケースもあります。

これにはそれぞれの慰謝料に対して自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準という三つの慰謝料金額の基準が存在していることも影響しています。この三つの基準の特徴についても比較しておきましょう。

自賠責保険基準の特徴

自賠責保険基準は車の所有者が必ず加入しなければならない自賠責保険で補償されている金額に基づいて算出されている基準です。誰もが加入しているので交通事故を起こしてしまったときには保険会社を通じて支払うことができるでしょう。

被害者としては最低限受け取ることができるはずの慰謝料と考えることが可能です。

任意保険基準の特徴

自動車を持っている人は交通事故などの万が一のときには自賠責保険だけでは心配と考えて任意保険に加入していることが多くなっています。その任意保険の保険会社が定めている慰謝料の基準が任意保険基準です。一般には基準がいくらかを公開していないので高いか低いかは判断するのが難しいですが、任意保険の位置付けを考えると自賠責保険よりは高めになっていると考えられます。

任意保険に加害者が加入しているなら少なくとも任意保険基準で慰謝料を支払ってもらえるのが普通です。

弁護士基準の特徴

弁護士基準は交通事故の慰謝料に関わる過去の判例や示談例などに基づいて作られた基準で、弁護士が慰謝料請求の金額を決めるときや、裁判所が裁判で判決を下すときに活用されています。大きな被害を受けてしまったから大きな慰謝料を請求したいというときには弁護士に相談するのが一般的な方法です。

その際にどんな観点から請求する金額を決めたら良いかは弁護士も悩む点で、明確な基準があるとスムーズに話を進められるでしょう。そのような観点から表が作られていて、交通事故による被害状況に応じて算出できるようになっています。

ただ、実際の事故の状況なども加味して弁護士基準から多少増減させた金額で慰謝料を請求するのが一般的です。

比較すると最も高いのはどれか

このような三種類の基準を比較すると、同じ被害に遭ったときにどれが最も高い金額になるのでしょうか。自賠責保険基準に比べて任意保険基準の方が高いことはすでに説明しました。裁判などのときにも用いられる弁護士基準はどこに位置付けられるのでしょうか。

結論から言えば弁護士基準はこの三つの中で最も高い慰謝料の金額になります。慰謝料を請求したいという意志が発端となって、法廷で争ってどの程度の慰謝料の支払いが適正かが決められてきた結果から総合的に判断して作られたのが弁護士基準です。

そう考えると請求できる上限額とも言える金額になっていると考えられるでしょう。この基準で請求できるようにするためには弁護士に相談することが重要になります。交通事故の慰謝料請求に強い弁護士を探して相談し、適切な金額の慰謝料を手に入れられるようにしましょう。

最も高い弁護士基準で請求しよう

交通事故の被害に遭ったときに請求できる慰謝料には死亡慰謝料、後遺障害慰謝料、入通院慰謝料の三種類があり、それぞれに対して三つの基準が設けられています。比較すると高い方から弁護士基準、任意保険基準、自賠責保険基準です。

弁護士基準で請求できるように交通事故の慰謝料請求に強い弁護士に相談して示談に持ち込むようにしましょう。