交通事故でボルトを入れるほどの怪我をした!慰謝料をたくさんもらうためにすること!

交通事故でボルトを入れるほどの怪我をしたのであれば、慰謝料をもらうことができます。ただし、慰謝料を多くもらおうと思ったら、保険会社に従っているだけでは上手くいきません。保険会社は被害者の味方ではないことを忘れないようにしましょう。

ここでは交通事故で被害者になったときに慰謝料をたくさんもらうための方法を解説していきます。

医師と相談する

ボルトを入れるほどの怪我をしているのであれば、医師と相談しながら治療を進めていきます。治療の期間や費用によって慰謝料が変動することもあります。医師が治療の必要なしと判断するまで治療を続けることが賢明です。

また、保険会社は医師の判断とは別に、症状固定だと判断して治療を中断するように指示することがあります。長期間の治療になったときにはそのような行動に出る可能性が高いです。しかし、医師に相談して治療の必要性があると判断するときには治療を続けましょう。

治療を途中で止めると治らなくなることもあるからです。治療を続ければその分だけ慰謝料も多くなることになります。他に保険会社が抱えている病院へ通うように指示されることもあるでしょう。保険会社が紹介する病院が信用できるとは限りませんので、自分で病院を見つけておく必要があります。

短い期間で退院させられたり、治療費が安くなったりすると高い慰謝料をもらえなくなります。

保険会社との示談は安易にしない

慰謝料は保険会社から支払われますので、示談に応じてしまうと金額を後から上げることができないのです。治療費などが確定していなくても示談をすることを保険会社は提案してきます。概算を計算して提示するため、損がない示談のように見えます。

しかし、治療は終わるまでどの程度期間を必要とするか分かりません。治療の期間によっては慰謝料が上がる可能性もあるのです。治療が長引けば仕事などに影響することもあります。そうなると慰謝料は高くなることも多いです。

ただ、示談が成立していると、長引いた分の慰謝料を請求してもほとんどもらえません。保険会社が示談をするときには、相手に以後の請求を放棄させるからです。示談を安易にしてしまうと被害者の言い分が正しくても、慰謝料をもらえないでしょう。

示談は正確な治療費や慰謝料を算出してから行うことが重要です。

治療が終わるまでは慰謝料を決めない

治療の途中で慰謝料を決めようとするから保険会社が有利になるのです。治療が全部終わればかかった費用が客観的に分かります。さらに、仕事ができなかった期間などを算出することもできるでしょう。

お金をすぐにでもほしいと思う人もいるでしょうが、治療を終えるまでは我慢することが大事です。また、入院を終えても全て解決するとは限りません。通院する必要があるケースも少なくありません。他にもボルトが腕に入っているときには、最終的にボルトを抜くまで治療が終わりとは言えないでしょう。

治療が終わるまでは慰謝料の支払いを待ってもらい、かかった費用などを全て計算してから慰謝料を決めるようにします。そうすることで高い慰謝料をもらえる可能性が出てくるのです。

後遺症が残っている可能性を考えておく

慰謝料をもらうときに重要になるのが後遺症の有無です。後遺症が残れば慰謝料の額は高くなります。交通事故のせいで以後の生活に支障が出るのですからそれに見合う金額が支払われます。しかし、後遺症が残っているという認定を受けないと、保険会社から慰謝料を受けとることができないのです。

医師から後遺症が残ったことを認定してもらい、後遺障害認定を取ることが重要になります。後遺障害認定をもらえると、保険会社は等級に応じて慰謝料を支払うことになるでしょう。後遺症が残っているだけでは慰謝料を多くもらうことができません。

多額の慰謝料をもらうためには、後遺障害認定を取っておく必要があるのです。

慰謝料をもらうときには保険会社の基準に従わない

慰謝料を決めるのは保険会社と思っている人もいるでしょう。しかし、慰謝料は客観的な基準で決めることができるのです。保険会社が提示する金額は保険会社の基準に従って決められたものです。その基準に従う必要は被害者にはありません。

被害者が慰謝料を多くもらうためには裁判基準で慰謝料を決める方がいいでしょう。裁判基準は裁判所が過去に示した判決に従った基準です。同じような状況で裁判所が慰謝料をどの程度と認定したかが分かっていれば、裁判基準の慰謝料を請求することもできます。

保険会社は裁判基準で慰謝料を提示することはありません。裁判基準の方が金額が高いからです。あくまでも保険会社の基準で慰謝料を支払おうとします。ただ、素人が裁判基準の慰謝料を計算することは難しいかもしれません。

そのため実際の計算はプロに任せる必要があります。被害者が知っておくべきなのは裁判基準というものがあって、そっちの方が慰謝料は高くなるということです。

交渉は弁護士などのプロに任せる

保険会社との交渉を素人がしても上手くいかないことが多いです。裁判基準を持ち出しても保険会社からは相手にされない可能性もあります。しかし、弁護士などが交渉に出ていけば話は変わります。弁護士が出てくると保険会社は裁判基準で慰謝料を支払うことにも同意することが多いです。

理由は裁判になれば弁護士の要求通りの金額になると分かっているからです。裁判基準は過去の判例を元に作られています。そのため、裁判所の判決は弁護士に有利なものになるのです。そこまで考えて保険会社は無駄な裁判をしないことを選択します。

裁判になれば裁判費用と時間がかかります。そこまでして争っても利益にならないと判断して弁護士の要求に従うのです。そこまでのことを考えると交渉を弁護士などに任せる方が有益な結果をもたらしてくれるでしょう。ただ、弁護士に任せるときには無駄な口出しをしないことが大切です。

余計なことを言うと弁護士の思い通りには進まず、結果として慰謝料の額が高くならないこともあるのです。交渉は専門家に全て任せてしまった方がいい結果になることが多いでしょう。

慰謝料を多くもらうための方法のまとめ

慰謝料を多くもらうためには治療を治るまで続けることが大切です。

治療期間が長くなりますので、その分だけ慰謝料が多くなる可能性が高いです。また後遺症が残っているときには後遺障害認定を受けることが重要になります。

認定されるとより多くの慰謝料をもらえることになるでしょう。他には交渉をプロに任せることも大事です。プロが交渉すると慰謝料が増える確率が上がります。